PASTOR’S BIOGRAPHY:5

~教会生活・思春期編~「ぶどうジュースを飲みたいが」

子供の頃からずっと、聖餐式を受けたかった。

クリスチャンホームに育った人ならおわかりだろう。

 

その理由は、

「パンとぶどうジュースもらいて~~ 大人たちだけずり~~ ランチ時で腹減った〜」

というもの。

 

聖餐式を受け取る条件は・・・

 

洗礼である。

 

洗礼は別にいいのだが、それに伴う信仰告白というのがやっかいだ。

 

信仰告白とは文字通り、人前で告白をすること。

つまり、人前で話をしなければならないのだ。

 

シャイボーイのオレとしては、それだけは回避したい。

 

中学校の弁論大会でも、

クラスで予選をするのだが、頭が真っ白になり緊張で顔面が引きつったのを覚えている。

 

ちょうどその頃(小5)、近所の単立の教会から、

東京都小平市にある日本バプテスト連盟 花小金井キリスト教会へ移った。

 

それは、オレにとって、嬉しいものであった。

なぜなら、同世代の男子が多かったからだ。

やっぱ教会たるもの、楽しくないとやってられない。

学びは必要だが、教会は楽しく、居場所があり、必要とされないとダメだ。

 

なんとその教会には少年野球チームがあったのだ。

 

練習日は、月曜!

もう即、入部。

 

チーム名は「ゴスペル・ファイターズ(=福音の戦士)」

パンダースとは逆に、ネイミングは強そうでしょ?

 

でも、ユニフォームもお揃いの帽子もなかった。

そこ大事だろ!(笑)

 

話は戻るが、

男子の仲間たちや野球チームがあったから、しゃべるのが苦手だったオレだったものの、信仰告白を乗り越えて、川井高雄牧師によって洗礼を受けた。

 

でも、中1であったから、ぶどうジュースを飲みてぇ〜という欲求はすでになかった。(笑)

 

ふつうバプテスマを受けたら上り調子になるはず。

フフフ・・・オレの場合、これを期に下りに下った。(笑)

 

続く・・・

〜思春期・後編〜
PASTOR’S BIOGRAPHY:6

続きを見る

更新日:

Copyright© クロスロードチャーチ岡山 , 2019 All Rights Reserved.