PASTOR’S BIOGRAPHY:1

~幼少期~「エリート教育のなんたるかを」

父は酒乱、暴力、ギャンブル(家にはなぜかパチンコ台があった)三昧なダメ親父のお手本であった。

 

オレが2歳の時には、すでに家を出て行ったが、

母を追い回す父の残像は、恐怖を脳裏に焼きつかせるには十分であった。

 

そんな中、母子家庭で育った。

母は教育熱心で、スパルタ・ママの代表格であった。

自宅で、絵画教室・書道教室・学習塾・英会話・ナーサリーを開く、やり手である。

全盛期は生徒100人を超えていた。

夏のキャンプ、冬のクリスマスイベントも母の手一つで成功させていた。

 

母のもくろみは、オレを看板にすることだった。

オレが学業やコンクールで優秀な成績を収めたら、オレの知り合いも教室にやってくるであろうという策略である。(笑)

 

その看板息子である当時のオレの1週間のスケジュールを記載しておこう。

 

月:絵画教室 火:休 水:ピアノ 木:英会話 金:総合塾 土:書道 日:教会学校

 

なんとまあハードスケジュールをこなしていたことか。

 

一度、土曜の書道の時間に、友達と遊んで帰ってきたら、

母はブチ切れ、家の鍵は閉められていた。

無断欠勤はゆるされない。なぜなら、看板であるから。

 

強いプレッシャーの中、幼稚園でも小学校でも、すべてのジャンルにおいて優秀な成績を収めた。

書道、感想文、工作などのコンクールでは市長賞、県長賞をさらったものである。

小学校1年から6年まで、前期か後期の学級委員には必ず指名されたものだ。

 

母の期待を一身に背負い、なんとかそれに応えようとする幼少期であった。

 

~思春期・前編~
PASTOR’S BIOGRAPHY:2

続きを見る

Copyright© クロスロードチャーチ岡山 , 2019 All Rights Reserved.