PASTOR’S BIOGRAPHY:2

~思春期・前編~「オキシドールで髪を熱するとむせる」

もちろん、そのはず。母の身長(153cm)を超え、力もついてきたからにはどうなるか。

反抗期を迎えることになる。

 

「よくぞオレをここまでこき使ってきたな」とばかりに、6年生の頃には、反抗、もしくは無視しか、しなくなった。

 

生活の中で必要最低限の会話以外、コミュニケーションはなくなった。

 

ケンカは絶えなかった。ご近所さんは、ビビってたであろう。

「てめ~ ○っ○○ぞ~~」とか叫んでいた。

 

中学校では、一応「陸上部」に属していたが、途中からサボり始め、遊びほうけてた。

先輩とすぐに衝突し、上下関係が面倒くさくなっていたのだ。

 

高校に入ると、バンドとバイトとボクシングに明け暮れた。

ボクシングを始めたきっかけは、ちばてつや作「あしたのジョー」である。

 

ハッピーエンドのストーリーが嫌いなオレは、「燃え尽きたい。灰になりてえ!」と思っていた。

 

その頃のモットーが「無気力、無関心、無感動」。

クールを装いそれがかっこいいと思っていた。

 

ボクシングジムは、狭山にある1Fが居酒屋で2Fがジムの元初代日本チャンピオンが会長のところだ。

会長はいつも酒臭かった。1Fの居酒屋で商売しながら、呑んだくれていたに違いない。

 

高校3年の進路を決める頃、

会長に「おまえ、スジがいいな。プロになってみねえか?」と言われ、逃げるように辞めた。

 

ちなみに、なわとびはプロ並だ。(笑)

 

髪型は、中学からリーゼント風だった。

3回ほど、リーゼントパーマをしたが、不評だったのでやめた。ビーバップ世代である。

 

色は、今のようにブリーチなど簡単に落とせるものがなかったので、薬局屋へ行って、

「すいません。風邪なのでオキシドールください。ゴホンゴホン」

すると、店員さんは、すべてを把握した上で、ほほえんで、渡してくれた。

もうおわかりであろう。オキシを髪にすり込んで、ドライヤーで熱して、色を落とすのだ。

くさいし、目は染みるし、あげくの果てに赤茶のサビた色だし、

アウトローの道も険しいもんだ。

 

続く・・・

~音楽の遍歴・前編~
PASTOR’S BIOGRAPHY:3

続きを見る

Copyright© クロスロードチャーチ岡山 , 2019 All Rights Reserved.